生活導線にこだわったマイホームを建てよう

マイホームを建てる際にはデザインや取り入れる設備にこだわる人が多いと言えますが、これだけではなく生活導線にこだわったマイホームを建てることがおすすめだと言えます。せっかく素敵なマイホームを建てることができたとしても、家事をするときに時間がかかる、来客時に居心地の悪さを感じるなど、不便だと感じられる点が多いと満足度が高い家だと言えません。それぞれの生活スタイルを考慮して間取りを考えるようにすると、家族みんなが快適に暮らすことができるこだわりの住まいを実現することができます。

広い住宅に憧れを持っている人は少なくありませんが、冷蔵庫とキッチンの距離が遠い、キッチンとダイニングテーブルの距離が遠いなどの問題があれば調理や食器を運ぶ際に時間がかかるはずです。完全に独立していてダイニングからは様子が見えないキッチンを選ぶこともできますが、小さい子供がいる場合は調理中に子供の様子を確認することができないなどの問題が起こります。理想的だと感じられる設備やキッチンスペースに仕上がっていたとしても、利用してみると生活導線が考慮されていなくて作業効率が悪くなってしまうことも少なくないです。他にも、キッチンや洗面所、トイレなどの朝の支度に必要な場所が同じ方向に密集していると、家族全員が行ったり来たりすることで混雑してしまうという問題も起こるでしょう。

リビングの近くにお風呂やトイレがあると便利だと感じるかもしれませんが、その場合は来客中にお風呂やトイレを利用しづらいという問題があります。子供が友達とリビングで遊ぶことが多い、友人が遊びに来ることが多い家の場合は、リビングにお客さんがいることでトイレやお風呂の利用に気を遣うようになってしまうはずです。リビングを通らなくてもお風呂に行くことができる、お客さんのいる部屋から遠い場所にトイレがあれば気を遣うことなく生活することができます。

間取りを考える際には十分な広さであることを重視する人が多いですが、生活導線を意識した配置にすることも非常に重要だと知っておくべきです。生活導線が悪ければ、洗った洗濯物を遠くの干し場に運ばなければならない、汚れて帰ってきた子供が廊下やリビングなどを通ってお風呂に向かうことになるなどの問題が発生することもあります。家族ごとに便利な導線は違っているはずなので、1日の生活の流れや来客時のことを想定しながら配置を考えていくと良いでしょう。生活導線を意識したこだわりの間取りを考えるのであれば、生活しにくいという不満が起こることない素敵なマイホームに仕上げることができます。

関連記事はこちら